Menu

外科病棟の看護師の仕事

外科病棟で働く看護師の仕事は、入院している患者さんのケアです。
患者さんが入院すると、看護師が投薬、注射、点滴、術前から術後の処置、バイタルチェックなどを行い、回復を支えます。
手術する患者さんは多く、幅広い年齢層に合わせたケアが求められます。特に外科は患者さんの容体が変化した時、素早く的確な処置を行う必要があります。
責任が重い仕事ですが、患者さんの人生に大いに貢献している実感を持てるところが非常に魅力的なポイントでしょう。

病棟で働く看護師は、入院している患者さんの手術に関わるケアやナースコールへの対応、食事や睡眠の管理などをする点が、他の科と異なる特徴です。
これほど患者さんの人生に向き合うことができる仕事は、他にないかもしれません。

看護師を目指す人の中には、過去に入院をした際に看護師のお世話になり、自分も同じように人を助けたいと、この職業に魅力感じて志望するケースもあります。
このように、看護師さんが熱を測ったり、夜勤の見回りをしている姿を見て患者さんは助けられていることを実感し、その考え方にまで大きく影響を受けることがあります。

外科は求められる知識やスキルがたくさんありますが、その分やりがいも大きく、学んだことを応用できる分野です。
医療は日進月歩なのでこのレベルで良いといった着地点がなく、成長を求める人にはぴったりの仕事です。
医師や他の看護師らとチームで入院生活を支え、患者さんが元気に退院する時が、自分の仕事に誇りを感じられる瞬間です。